メインページ

最近の投稿はこのメインページで。新規投稿や過去の作品を見たい方は投稿一覧と編集へ。

←新しい投稿 | 過去の投稿→

1097去勢合コンの勧め

投稿日 2017.07.20 13:29 / 更新日 2017.09.14 15:34 / 著者 ホログラム様 / アクセス 4079

前作“僕のタマタマが有った頃”はコチラ
---01---
 数名の新規去勢済み男子と、壱ダース程の洗脳済み女子を集わせて、去勢合コンが、催された。会場は秘密厳守の某温泉旅館、スパコンが何名か参加する忘年会等とは逆に、新米安全君一人に、弐~参人の性欲旺盛女子が群がる、ハーレム的な合コンとなった。
「先ずは竹比べです。」
 メイク濃い目の白スーツに透明フレーム度近眼鏡司会お姉さんの第一声と共に、それはどう考えても身長の確認じゃ無い、いきなりオチンチン棒のサイズと、タマタマ無し確認、つまりウェルカム フェラチオが始まる。
 ココで直ぐ無精発射してしまうと、選手交代連続フェラチオされてしまうので、会場の大型スクリーンに“竹比べタイム”と字幕が入った実況動画が流れている数分間、新米ニューハーフ君達への、厳しい快楽試練が継続される。
「透明フレーム眼鏡は、精子無し液大好き雌豚の印なんだって。」
 僕と同じ日にタマタマ抜き取り手術されてしまったI君が、あ………

続きを読む

1096なま

投稿日 2017.07.13 12:16 / 更新日 ----.--.-- --:-- / 著者 燃えカス様 / アクセス 3933

僕はつまらない。
人生がつまらない。
なぜこんなにもつまらない、そしていやなのか。
わからない。
わかりたくない。
他人に自分のことをわかってもらえない。
わかったうえで認めてほしい。
ただ、今まで僕の本性を見せて、僕を見せて、僕と僕が望むように接してくれる人はいなかった。
だから、あのとき僕は彼岸を求めて
彼岸にはそういう世界があると信じて
あの道を踏み出してしまったのだろうか。

これは僕があのときやってしまったことの備忘録だ。

あのとき僕は彼女を…

あの女を愛してしまった。

それが故に、今の現状がある。

彼女との未来を空想し

彼女と生きていく人生を渇望し

それが今やこのざまだ。

もう僕には彼女との未来が見えない。

あのときは現実と地続きになっていた空想が、今となっては妄想でしかない。

だから僕は決断した。

僕はもう僕のやりたいようにやると。

人に愛されるため………

続きを読む

1095なま

投稿日 2017.07.13 12:16 / 更新日 ----.--.-- --:-- / 著者 燃えカス様 / アクセス 3933

僕はつまらない。
人生がつまらない。
なぜこんなにもつまらない、そしていやなのか。
わからない。
わかりたくない。
他人に自分のことをわかってもらえない。
わかったうえで認めてほしい。
ただ、今まで僕の本性を見せて、僕を見せて、僕と僕が望むように接してくれる人はいなかった。
だから、あのとき僕は彼岸を求めて
彼岸にはそういう世界があると信じて
あの道を踏み出してしまったのだろうか。

これは僕があのときやってしまったことの備忘録だ。

あのとき僕は彼女を…

あの女を愛してしまった。

それが故に、今の現状がある。

彼女との未来を空想し

彼女と生きていく人生を渇望し

それが今やこのざまだ。

もう僕には彼女との未来が見えない。

あのときは現実と地続きになっていた空想が、今となっては妄想でしかない。

だから僕は決断した。

僕はもう僕のやりたいようにやると。

人に愛されるため………

続きを読む

1094虫の毒(初めての投稿です)

投稿日 2017.07.12 15:54 / 更新日 ----.--.-- --:-- / 著者 ゲオルゲ様 / アクセス 2635

男は自宅から一時間ほどの小高い丘に立っていた。
「ふんふん♪」
 鼻歌交じりに作業をすすめる。テントを広げ、簡易コンロをセット。スープを温め、地面にシートを引く。男はシートに腰をおろすと、スープを飲みながら空を仰ぐ。
「今日はいい星空だ」
 天体観測。男は満天の星空を眺め、満足そうな笑みを浮かべた。この美しい空を何時間でも見ていられると思った。
「……ふわぁ」
が、実際には、そのまま2時間ほど経過したところで、眠気に襲われた。男は、睡魔に負け、シートの上に大の字に手足を広げ、眠りについた。

ふと、股間に妙な違和感を感じて目を覚ました。
「ん?なんかちんこが痒い」
痒みだけじゃない。何かがちんこの上を這いずっているような感触がする。
「いてっ」
 チクッとした感触がする。噛まれた、男は直感的にそう思った。
 男は咄嗟にズボンとパンツを下ろし、自分の股間の状態を確かめる。
「うわぁ!」
 そこにいたのは虫だった。股間に見たこともない虫がついていた。体長5cmほどのムカデに似た虫が、ちんこに齧り付いて………

続きを読む

1093女の子にされた僕は

投稿日 2017.07.09 01:19 / 更新日 2017.08.19 23:28 / 著者 蜜柑様 / アクセス 4934

私は、高校の数学教師「竜崎麗華」理事長室でソファーの上で私と話をしている男性は、父親、「竜崎慶介」竜崎女子学園の理事長をしてる隣に座っているのは、母親、「竜崎静江」、竜崎女子学園の校長しています。 私は、理事長に呼ばれ他校の先生達と数学の勉強会の打ち合わせをしている最中、職員室から、理事長室をにらみながらながめていのが、教頭の「高橋勝子」実は、勝子の祖父、旧姓「飯田卓郎」がもともと飯田女子学園の理事長をしていたが竜崎慶介の祖父「竜崎健蔵」は、力と金を使い、勝子の祖父が、学園の経営力が無いという理由で理事長から引きずりおろされた、ショックで倒れ病院亡くなる。そして健蔵は、学園の名前も竜崎学園に改名し、勝子と母親は、母親の実家で引き取られ、母親の姓高橋に改名する。 勝子は、死ぬ気で勉強し、名門大学に進学することに、なぜなら、勝子は、父親の復讐の為に教職員の仕事を選び、あえて竜崎女子学学園の国語教師になり、教頭までのぼりっめた。

勝子の私生活は、男性との恋愛経験も無く、顔もスタイルも可愛いと言われたこともなく実家で母親と、生活していた時は、ほとんど周りが、男性ばかり実家は、………

続きを読む

1092お嬢様と呼ばれる奴隷にされて(まだ作成中です)

投稿日 2017.07.05 15:23 / 更新日 2017.07.22 16:17 / 著者 ヒメジョオン様 / アクセス 3013

「お嬢様、朝の乳搾りに参りました」
そう声がして扉がガラガラと開けられる。
マイクを持った女性と看護師、黒服の男たち、それにカメラマンだ。

私は思わず股間を手で隠して後ずさった。そんなことをしても硬い鋼鉄の「馬」に乗せられるのはわかっているのだが。

「お嬢様、おはようございます」
あっと言う間に、男たちに両腕を掴まれ、石の壁に押さえつけられる。

股間と乳首だけ切り取られた恥ずかしい女子用スクール水着の股間には肉棒がそそり立っている。
カメラは非情にも、硬い肉棒と私の身体を包む変態的な水着、そして、私の顔を舐めるように映す。

「おやおや。お嬢様、もうこんなにいきり立ってしまって。恥ずかしいことをされるのがそんなに好きなんですか? 変態お嬢様でちゅねえ」
女性はそう言いながら男たちと看護師に合図をする。
「はい、サドコさま」
彼らにひっくり返され、おしりに痛みが走った。女性ホルモンの注射らしい。そのせいか、最近は明らかに胸が膨らみ始めている。

終わると尻を叩かれてまたひっくり返さ………

続きを読む

1091すごーいお仕置き

投稿日 2017.07.04 22:12 / 更新日 2017.07.04 22:14 / 著者 ナナ様 / アクセス 4402

女子バレー部の練習が終わって体育館の窓を閉めようとしたら、外から何か物音がした。
外を見ると、デジカメを持った大学生くらいの男が立っていた。どうやら盗撮しようとしていたらしい。
みんなで男を捕まえて女子更衣室まで連れて行くことにした。男が必死になって抵抗するが、身長170〜180㎝ある部員達の前ではほとんど身動き取れない。
まず男を柱に縛りつけた。「そんなに見たいなら見せてあげるよ、その代わりアンタの物も見せなさいよ!」と言って男のズボンとトランクスをずり下げた。すると、予想以上に大きなオチンチンが半勃起状態でポロリ!
部員達が上半身裸になって胸を見せると、男のオチンチンはムクムクと反応を始めついにフル勃起!
その状態でオチンチンの付け根を結束バンドで限界まできつく締めた。
「さて、どんな方法でお仕置きしようかな〜♪」
「あっ、そうだ! 部室にある冷却スプレー全部持って来て!」と言って、スプレーを5本持って来てもらった。
これを全部フル勃起したオチンチンに吹き付けることにした。 「カチカチのオチンチン………

続きを読む

1090愛玩母子飼育 男児から娼年へ 3

投稿日 2017.06.30 15:11 / 更新日 2017.07.20 15:10 / 著者 kyouske様 / アクセス 2784

・母娘妊婦奴隷と豊胸娼年

あのショーの夜から半年後……私と娘はある医療施設に収監されてました。私は海の童貞を喰いその精液が私の卵子と出会い懐妊、娘は卵子誘発剤を投与された上に夫との強制接合されての懐妊……不義の子を宿したのです。娘は身長抑制処置により小学六年生でも見えてしまうのでランドセルを背負えばより厭らしく見えます。息子はあのショーの後、マダム長谷川に引き取られてしまい別の医療施設に隔離されたのです、今は関係機関に必要な書類が本物なら問題にならないそうです。丁寧に息子の様子は映像に記録されてました。

映像からしてショーの翌日と分かる様に街頭時計を映して直ぐにある母子に……乳首バイブを兼ねた偽乳を装着されジュニアブラをされてノースリーブ、太股が見える荒々しくカットされたジーンズを穿いており女児ショーツがチラ見え……如何にも活発な小学生女児に見えます。何処かのターミナル駅と分かる雑踏の中、マダム長谷川と共に歩きます。恐らく部下が離れて隠し撮りしている感じではたから見れば夏の思い出を撮影するママに見えます。
「ママぁ……おしっこぉ」
「もう……海ち………

続きを読む

1089女子更衣室での出来事

投稿日 2017.06.29 22:32 / 更新日 ----.--.-- --:-- / 著者 しんしん様 / アクセス 3675

放課後、誰もいない廊下を歩いていると、

「ねえ、山田。」

後ろから俺を呼ぶ声がした。
振り向くとクラスメートの礼子と紗弥加がいた。

「なんか用?」

礼子が無言で近づいできて、いきなり股間を膝蹴りしてきた。

「ぐえっ」

いきなり股間を蹴られた痛みに耐えきれず股間を押さえながら両膝をついた。

「どうしてこんなこといきなり…。」

「理由は後で話すから。」

そう言うと礼子と紗弥加は俺の両腕を掴み、近くにある女子更衣室に引きずりこんだ。
痛みで抵抗できない俺は女子更衣室のなかでうずくまりながら股間をまた押さえた。

「今度は女子更衣室に連れ込んで何する気だよ。」

「とりあえずズボン脱いでくれる。」

礼子が命令口調で言った。

「はあ⁉いきなり股間蹴って女子更衣室に連れ込んだと思ったら、今度はズボンを脱げだと、ふざけるな。」

何とか立ちあがり、更衣室の出口に向かって行ったが、二人が手を広げ、行く手………

続きを読む

1088プールでの勃起

投稿日 2017.06.24 23:35 / 更新日 ----.--.-- --:-- / 著者 しんしん様 / アクセス 4146

水泳部の自主練を終えてプール奥にある更衣室に向かった。
土曜日の夕方ということもあって、もう泳いでる生徒はいなかった。

更衣室のドアを開けて自分の荷物が入っているロッカーに向かうと今閉めたはずのドアが急に開いた。
驚いてドアの方を見ると、水泳部の女子がぞろぞろと入ってきた。みんな同級生だ。

「なんだよ、急にみんなで男子更衣室に入ってきて」

よく見るとみんなまだ水着姿だった。
そういえば俺が練習を終えるちょっと前まで泳いでいた。

「今日は確認したいことがあってみんなで待ってたの」

そう言い出したのは美香だった。
女子水泳部のエースで真面目な性格の女子だ。

「なんだよ、確認したいことって」

「先週の自主練の時に勃起してたでしょ」

勃起⁉その言葉を聞いてうろたえてしまった。それを悟られないように

「急になんだよ、勃起って。」

誰も何も言わなかった。しばらくの沈黙のあと、

「先週の自主練の時にみんな見ちゃったんだ、君が………

続きを読む

←新しい投稿 | 過去の投稿→
© 2003 - 2017 去勢の時間です!