メインページ

最近の投稿はこのメインページで。新規投稿や過去の作品を見たい方は投稿一覧と編集へ。

←新しい投稿 | 過去の投稿→

1087僕のタマタマが有った頃

投稿日 2017.06.21 16:23 / 更新日 2017.07.17 23:21 / 著者 ホログラム様 / アクセス 3278

前作「LGBT学級」はこちら
---01---
 僕のタマタマが未だオチンチン棒の根元に有った頃、一人暮らしを始めたアパートの隣の部屋に、N子さんというお姉さんが住んでました。顔を合わせたら挨拶する程度の間柄でしたが、貰い物が余ったりすると年に数回、お裾分けしてくれたりするお姉さんでした。
 ある日、N子さんが玄関チャイムを鳴らし、やつれた顔で僕にお願いに来ました。風邪が酷くて薬を買ってきて欲しいと頼まれました。買い置きの風邪薬が有ったので、あげたら、数日後、快気祝いにN子さんの部屋に呼ばれてしまいました。
 春先は、花粉症、アレルギー性鼻炎、そして呼吸系が弱ってる状態で、風邪をひく事が多いらしくて、目が痒くてコンタクトも付けられず、大きなマスクに度近眼鏡の怪しいお姉さんになってしまってました。
 僕が知ってる範囲の大学女子の匂いは、化粧品とコーヒーと煙草の匂いが激しい場合が多かったのですが、N子さんの部屋では、そんな匂いが殆ど有りませんでした。花粉症………

続きを読む

1086チンポがない同級生

投稿日 2017.06.21 08:44 / 更新日 2017.06.23 15:18 / 著者 羊様 / アクセス 2781

俺は藤浦翔、中学2年だ今修学旅行に来ている、中学の中でたぶん一番思い出に残るイベントだと思う、なのでこの旅行を思いっきり楽しもうと思う。
そして俺の班にはチンコのない中村と言う奴がいる。小学生の頃に犬に噛まれて切るしかないぐらいに酷い状態になった、そのことで小学校の頃からいじめてる、男なのにチンコが無いなんてほんとに惨めな奴だ、こんな奴はいじめられて当然だ、小学生の頃は無理やり小便をするところを見せてもらったり、こいつの情けない股間を無理やりパンツを脱がして他の奴にも見せてやったりもしてたっけ、いじめるとチンポが無いから女みたいにすぐ泣くんだ、女とエロい事が一生出来ないし、オナニーだってできない、毎回座って小便しなきゃいけない、男なのにそんな体なんてほんとに惨めな奴だな、まあ俺にはこいつと違ってチンポがちゃんとあるから全部できるけどな。男のくせにチンポが無いなんてほんとに哀れで情けない可哀想な奴だな、だからこそいじり甲斐があるんだけどな。
昼間はいろいろなところを観光して楽しかったな、そして今は夜になったから旅館にいる、そろそろ風呂の時間だ、結構大きな温泉みたいなので楽しみ………

続きを読む

1085断れなくて6

投稿日 2017.06.20 22:39 / 更新日 ----.--.-- --:-- / 著者 しんしん様 / アクセス 1780

南のパンツを見て思わず反応してしまった。ぺニスに一気に血液が流れ、硬くなり、そして勃起してしまった。
両手で隠そうとしたが南がぺニスを握るのが一足早かった。

「勃っちゃったね、でも包茎だと勃っても小さいんだね」

屈辱だ、女子にぺニスが勃つところを見られ、そして短小包茎とバカにされている。そしてそんなに状況なのに、南の手に握られてるせいで、微かな快感を感じている。

「だんだん硬くなってきてるよ、興奮しちゃってるの?」

南の顔を見た、小馬鹿にしたような表情だった。視線を会わせたくないと思い下を向くと、スカートの奥のギンガムチェックのパンツが目に入ってしまった。まずい、と思ったのも手遅れ、自分のぺニスはさらに硬くなってしまった。

「あっ、さらに硬くなった、でも大きさは変わらないね。私の親指と同じくらい?」

この言葉に利矢子も、

「本当だー、私の親指と変わらないね」

クスクス笑いながらぺニスを見ていた。

利矢子まで自分のぺニスをバカにし始めた。そんなに状況なのにぺ………

続きを読む

1084断れなくて5

投稿日 2017.06.19 22:52 / 更新日 ----.--.-- --:-- / 著者 しんしん様 / アクセス 1283

「そう、じゃあ早速脱いでもらおうかしら」

そうは言われたものの、いざとなると女子二人の前でぺニスと金玉を晒すというのは勇気がいった。

「脱がないの、脱がないなら」

南は友人の金玉にデコピンした。気絶しているとはいえ、その痛みに身体を硬直させた。

「わかったよ、脱ぐよ、脱げばいいんだろ」

ベルトに手をかけファスナーを下ろし、スラックスを脱いだ。まだボクサーパンツが残っているが、ここからなかなか手をが進まない。

「何してるの、早く脱ぎなよ」

南が急かしてくる。利矢子もジーッと自分の股間を見つめている。
急に南が近づいて来て、

「早く脱いだ方がいいよ」

と言った瞬間に南の爪先が股間にめり込んだ。

「ぎゃっ」

味わったこともない痛みが股間から全身に走った。股間を押さえ、女座りのように座りこんでしまった。

「ねえ、早く脱いでちんちん見せてよ」

南はニコニコしながら言った。脱がなかったら何をされるかわからない、仕………

続きを読む

1083断れなくて4

投稿日 2017.06.18 22:48 / 更新日 ----.--.-- --:-- / 著者 しんしん様 / アクセス 1291

南が友人の金玉をコリコリし始め、さすがにまずいと思い、

「もうやめろよ、こいつの顔見ろよ、死にそうだろ」

「何言ってるの、潰れてないんだから死ぬわけないじゃない」

その時の南の表情は天使のような悪魔のような笑顔だった。
南は金玉を痛めつけて楽しんでる…そう直感した。

「なあ利矢子さん、そろそろ終わりにしてもいいだろ」

南への説得は無理だと思い、利矢子に話をふった、しかし、

「ごめん、私わからない、とにかく男子に襲われたらここを攻撃すればいいのね」

なんと利矢子までも友人の金玉を握りだした。二人からの金玉つまみに友人は脂汗を
かきはじめた。

「やめてもいいよ、でも君のちんちんも見たいな」

突如、南が言い出した。俺のちんちんを見せろだと。
包茎の上に短小のぺニスなんか女子二人に見せられるわけがない。
答えないでいると、

「しょうがない、このちんちんと金玉でもっと面白いことするしかないか」

南は友人のぺニスをしごき始………

続きを読む

1082断れなくて3

投稿日 2017.06.18 19:10 / 更新日 ----.--.-- --:-- / 著者 しんしん様 / アクセス 1235

女子二人の目に晒されてしまった友人のペニスは痛みからか縮こまっていた。それでも包皮は剥けており、包茎の自分としては少し羨ましかった。
金玉のほうは腫れもなく、無事そうだったので安心した。

「利矢子ってちんちん見たの初めて?」

南がそう話しかけると利矢子は頬を赤くしながら小さく頷いた。

「今は痛みで小さくなってるけど、男子ってちょっとしたことで興奮して大きくなるんだよ、そうでしょ?」

自分の方を向きながら同意を求めてきたのでしかたなく

「まあ興奮すれば勃つよな、勃たなかったら男としては問題あるだろ」

とぶっきらぼうに答えた。そんなことより金玉は無事そうだったので、早く友人にパンツを穿かせてやりたかった。

「とりあえず金玉は腫れもなく無事そうだから、パンツ穿かせてやれよ」

「さわってみないとわからないじゃない、これから確認するから」

「さわるって本気か、南恥ずかしくないのか?」

「もうこの状況で十分恥ずかしいわよ、でもこんな機会めったにないから」………

続きを読む

1081断れなくて2

投稿日 2017.06.18 11:55 / 更新日 ----.--.-- --:-- / 著者 しんしん様 / アクセス 1311

南はかろうじてスカートを捲られるずにすんだ。

友人は股間を押さえながらなんとか立ち上がり、

「痛いじゃないかよ」

と言ってまた膝をついた。

「ふ~ん、そんなに痛いんだ」

南は不思議そうに友人の顔と股間を交互に見た。

「でも胸揉めたんだからよかったでしょ」

「ふざけんなっ、お前のない胸揉んでも楽しかねーよ」

南の顔が凍りついた、それから徐々に赤くなり始めた。

股間を覆っている友人の両手を無理やり引放し、手首を掴んだかと思うと
南の蹴りが友人の股間にヒットした。

「ぎゅっ」

膝をついている上に両手で防御もできない状態で蹴りを入れられたら
相当な痛みのはずだ…思わず自分の股間を押さえてしまった。

声にもならない声を上げて、友人は苦悶の表情を浮かべた。

「私の胸のことバカにした罰よ」

手首を離すと友人は股間を押さえ横に倒れた。

友人に近づき、

「おい、金玉は大丈………

続きを読む

1080断れなくて

投稿日 2017.06.18 01:05 / 更新日 ----.--.-- --:-- / 著者 しんしん様 / アクセス 1967

放課後、友人と話しているとクラスメートの女子が教室に入ってきた。

一人は背の高い細身の美人、でも貧乳。もう一人は背は小さめで胸がそこそこあるかわいい感じの子だ。
高校に入学してから半年も経つのにこの二人の名前を覚えていない…人の名前を覚えようとしない自分の悪い癖だ。

「あれ、南ちゃんどうしたの?」

友人が背の高い細身の美人に話しかけた。どうやら南という名前らしい。

「今日の5時間目の保健体育、男女別だったでしょ、女子は護身術やったのよ」

「へぇー護身術か、確かに女子はやった方がいい勉強だな」

同意を求めるように自分の方に向きながら言ってきたので、軽く頷きながら、

「そうだね、痴漢とかよく聞くからね」と、適当に話をした。

「そうなの、私もそうだけど、利矢子もけっこう痴漢にあったりして困ってるの、だから護身術の復習をしたいんだけど手伝ってくれる?」

どうやら、胸がそこそこあるかわいい感じの子は利矢子という名前で、よく痴漢にあってるらしい。
暇なので友人と………

続きを読む

1079ツカサちゃん

投稿日 2017.06.01 09:21 / 更新日 2017.06.01 09:35 / 著者 真ん中様 / アクセス 3337

サンジョウツカサは、公立小学校に通う10歳の少年だ。
色白で、栗色がかった髪をボブカットにしており、睫毛も長くて一見少女を思わせる美貌の持ち主だが、大変な悪ガキだった。
何も知らない女の子達は、ツカサのガールフレンドになりたいと思ったりもしたが、今では全学年の女の子達から、「触らぬツカサに祟りなし」「ツカサを見たら全速力で逃げろ」と言われるレベルだったというから大したものだ。
体格は10歳児にしては小柄で、時々1年生にも間違われるレベルだったにもかかわらず、喧嘩の方も強かった。
とにかく急所を狙うのが上手い上に、いきなり相手の虚を突いて足払いをかけたり、死角になる所から弾丸のようにすっ飛んで頭突きを食らわせたりして引き倒すと、あとは相手が泣き喚くまで滅多打ちにするのがいつものやり方だった。

そんなツカサであるが、一番女の子達から嫌われる原因になったのは…
女湯に入ることだった。
なんせ小柄で、顔立ちも女の子にしか見えないので、大人達はツカサが女湯に入っても疑いもせず、止めることもしない。
騒ぎは一切起こさず、大人にとっては、「天使………

続きを読む

1078オカマになりたくて 2

投稿日 2017.05.30 13:23 / 更新日 2017.06.09 23:39 / 著者 G-8T様 / アクセス 2193

貴子に病院に連れて行かれ半ば強引去勢させられた栞奈は、貴子に抵抗する事も許されない。

玉をとってから肌のきめ細かくなり女性らしい体格になっていく、男女兼用ペット「奴隷」が、てに入った貴子だったが、栞奈のペニスは、女性ホルモンと去勢の効果で機能低下し短小ペニスになっている。精液も出ないペニスを見て貴子は、これでは、失敗ね、公開している。
栞奈のペニスをいじめまくっても機能が低下したペニスは、勃起する所が、汁を垂れ流す程度でつまらない。  栞奈に買い物を行かせる時は、メイド服でショーツの着用は、禁止させられ、かなり短めのスカートをはかされている為にペニスが丸見え状態で買い物をしなくてわいけない。 顔つきも女の子と見間違えるぐらい可愛く見える、髪型も貴子の好みにかえられている。 栞奈は、ミニスカートで短小ペニスが丸見えで、恥ずかしいが、貴子は、納得していない所か、睾丸を取ってしまった、栞奈を公開していた。 なぜなら貴子は、栞奈の子供が、ほしかったわけでもなく、ホルモンで、勃起しなくなった短小ペニスにあきあきしている。でも、栞奈は、女の子になりたいし栞奈の夢は、性転換して本………

続きを読む

←新しい投稿 | 過去の投稿→
© 2003 - 2017 去勢の時間です!