強制女体化 ID:1486395765

著者:蜜柑蜜柑

僕の名前は、かおる、高校は、男子校に通っている。二年生の時に留年した、不良グループのリーダー諭が、クラスにやってきた。
諭は、クラスを仕切る様になる。僕は、元々気が弱く、女の子みたいな顔付きもしていたせいで、諭に目を付けられ、弱みを握られ諭の奴隷になっていた。諭は、女担任の景子と、仲が良い。僕が、諭にいじめられていても景子は、知らんぷりをし見て見ぬ振りをする。担任の景子は、Sで、男性よりも、女性にしか興味がないレズでつい最近まで、性欲処理の奴隷ペット「女性」を家の離れにある景子の家で飼っていたが逃げらた。 僕は、担任の景子に目を付けられ諭から、景子にいじめをバトンタッチされる。景子の家は、産婦人科と、整形外科を親が、やっていて、僕を強引に景子の親がやっている病院に連れて行き、まだ僕は、未成年なので「親の許可を取ったかのように見せ掛け同意書サインをさせられ女性ホルモンを投与させられいる」学校以外は、景子の事は、景子お姉様と呼ぶように命令されている。 学校は、性欲処理の道具として、クラス扱われている。僕の父親は、小さい頃病気で亡くなり、母親が、1人で僕を育ている。母親は、海外の外資系企業の役員で海外に赴任中!僕は、1人で生活している。体調不良で、学校を休んだ僕の家に諭達が、様子を見にくる。近くに僕の叔母住んでいて、諭達は、叔母に頼み込み、僕の家に来た。僕は、体調不良で休んるだけです。明日から、また学校いきますからと諭に話をする!諭達は、叔母が、帰ったのを見計らい、いつまで、学校サボる来た!かおる・・・
諭達は、僕の着ている物を脱がし、お前家では、男物のパンツなんかはきやがって!散々家でせめたてられ諭達のチンコを舐めさせられた。そして、諭が、僕の家に景子を呼び出し景子にこいつ家では、男になったつもりで生活してるぜ! 景子が、困ったこだね。僕の叔母に電話し、母親の仕事先まで、電話をかけ、母親に僕の学力が低下しているので、景子の家でかおる君をあずかる事にしますと連絡し、話をまとめる。そして僕は、景子の家で生活する事に!

僕は、ランニングシャツにズボンをはき景子が家に行く 景子は、僕に一週間学校を休んだ罰だといい、僕を全裸にした。そして僕にかおる!お前は、今日から!これを着るんだ!
部屋から、ミニスカートのリボン付きブレザー制服を持って来た。

僕が、嫌がると!何わがまま言ってるんだかおる!かおるは、私のペットなんだよ。これからは、胸もだんだん大きくなるんだ!今まで通り男の子の服装てわけにわいかないだろ!
今日からみっちり女の子に調教してやるょ! 景子は、ケタケタと笑いながら僕に言った。そして、食後に大量のホルモン剤の薬を飲まされ、週に一回学校に行く前に病院でホルモン注射を投与させられる。月に一回のホルモンバランスの確認学校では、クラスメイトの男性からの性的欲望の道具とし、成績アップの為のおもちゃとして扱われている。景子に今度!お父様に頼んで睾丸「去勢手術」してもらおね!と言われている。僕が、それだけは、勘弁して下さい。と頼むと、景子は、種無しの金玉なんか、誰も興味ないだよ!子供が作れないオカマは、金玉なんていらないんだろ!なんなら、私が、潰しやろうか! かおる。 僕の睾丸を手で握りつぶすように持ち!オカマが贅沢に、金玉なんかぶら下げて・・・!チンコもハサミで切り落とそうかね。 僕は、景子お姉様それだけは、勘弁して下さい。泣きながら許して、許して下さい。何で言う事きくので、堪忍して! 景子に頼み込む金玉を取る日程は!決まっているのにわざとらしく僕を毎日からかいながら遊んでいる。何ヶ月かしてから下着の着用が許されているが、下着を買いに行く時は、景子もついてくる。僕は、どこらか見ても女子高生にしか見えない。 思春期の僕は、ジュニア用の下着を選ぶと景子が、駄目よ。そんなんじゃあTバックのショーツにピンク色のシースルのブラジャーを選び、試着室で着てくるよう命令され、景子が、かおるまだかしら! 試着室の外で叫ぶ。景子おね様試着ができました。見せてごらん胸も前より大きくなって、ブラのサイズはよさそうね。Tバックから少し膨らむチンコが見える。これさえなければ、女の子なんだけどね。景子は、店員に値札を持って行き、これ買うから後これと似た良いなサイズない。怒鳴り付け、何枚か持って来させ!全部買うから袋につめて!かおるまだ、それつけて帰るから!僕は、はい。お姉様 そして、景子のまちかねていた!去勢の日がやって来た。検査結果でホルモンバランスは、良好とでたので、僕は、病院で去勢手術を受けた。景子の見てるまえで同意書強引ににサインさせられ、30分ぐらいで、手術終わった。去勢させられてから、痛みもあり、二週間は学校を休ませてくれたが、二週間後から、去勢の効果で、女性らしいきめ細かな肌になり、お尻も大きく膨らみ始め、胸も成長している。思春期体は、僕を女の子に変えて言った。景子は、僕に「どうしょうかな!チンコ取るかそれとも残すか!迷っているみたい。」
僕が、完全に諦めて、お姉様に僕、女の子の体になりたいですと頼む。なぜなら、胸も、アンダーバスト70センチCカップもあり、お尻も丸みを女の子そのものこれでは、元の体に戻れないのもそうだか、跡取りも作れない体になり諦めて頼み込む! 景子は、何ふざけた事言ってるのこのチンコは、かおるが、男の子だった記念に残してやる!かおるが、女に勝てるのは、このチンコしかないんだ。僕に説教をしなから!今度取りたいなんて騒いだら!お仕置きだょ。 お姉様わかりました。もう言わないから許して下さい。かおるの可愛い去勢したチンコをみんなに見てもらおうね。制服のミニスカート折り返し竹の長さを短くし、Tバックのショーツをもぎ取り!パンツは、着用禁止だからね。僕に叫ぶ!
僕は、お姉様の前で土下座をし、それだけは、堪忍して下さい。せめて!パンツだけでも泣きながら、頼み!景子は、仕方ないじゃあ!パンツは、着用を許してやるょ。いい、僕にビニールショーツを手渡し!これをはくならパンツの使用を許可してやると言われた。それ以外は、パンツの着用を禁止だからね。怒鳴り口調で話す。僕は、かなり竹の短いミニスカートを着用する。ビニールショーツから、チンコが丸見えで外にも出られないぐらい恥ずかしいのに僕!かおる学校行く時間だよ。僕は、カバンでチンコを隠し、景子と学校行く。諭にかおる、景子から聞いたがお前去勢したんだって! なんだ、ふてくされた顔しゃがって!お前のチンコ前より小さくなたな! からかわれ、ミニスカートを持ち上げ、ビニールショーツに元男の子!小さくなったチンコみて下さい。マジックで書かれ!男性生徒のチンコを掃除させられた。

高3になった僕は、母親が、日本に一時帰国する事になり、喫茶店で母親と再会するが、僕を見た母親は、呆れ果て、景子に言われた通りに僕は、母親に話す。実は、女の子になりたくて!最初は、女装だけで、我慢してだけど、どうしても女の子になりたくて、景子先生に泣き付いて!景子先生家が、産婦人科をしていてお父様に頼み込み女性ホルモンを投与してもらっている!それに僕!金玉も撮っちゃったよ! じゃんお母さん見て!喫茶店に客がい前で ミニスカートを持ち上げチンコも小さいでしょ。これホルモンで小さくなったんだよ。笑いながら話した。母親は、呆れ果てている所に景子がやって来た。 景子は、お母様この度は、かおる君が、こんな姿になってしまい。私にも責任があります。許して下さい。僕は、母親のまえで!お母さん胸も大いの!見てみて!と母親に見せる。これも!景子に強制させられて言わされている。母親は、かなり呆れ果て!ついに! あんななんか私の産んだ子でもない。近寄らないでちょうだい。跡取りも産めないような情けない子は、私の息子でわない。景子先生には、悪いけど!この子は、私の息子じゃあないです。

景子が、母親に最初は、かおる君から相談された時は、ビックリしましたが、かおる君が、私の父親に泣き付いて、女の子なりたいとせがんできたのですが、父は、最初は、親子さんと相談してからだよ。いいかせていたのですが、かおる君が、親には、相談して、同意書までサインをしてもらいましたから、お願いいたしますと、父に頼み!私か、教育委員会の会合で、何日か留守にしている時に去勢までしてしまいました。私は、教育者として失格です。話を聞くと、かおる自ら、自分の意思で!やったみたいですね。 母親は、跡取りが産めない以上、あの子は、私の子供でわありません。私は、今度今の会社社長と再婚する事が決まりまして!いずれは、あの子が跡取りになる話もあったのですが、あんな姿を見みて呆れ果て何も言えません。戸籍からもはやく削除しないと、私の将来が全て台無しになってしまいます。先生今までありがとうございます。どこかの施設に入れますので・・・景子が、施設に入れなんてかわいそうです。私が、かおるの母親がわりになります。 母親が、あんな変態オカマを先生が引き取るですの! 景子は、私にも責任が有りますので・・・

母親は、喫茶店から呆れ果て帰っていく!

僕は、景子と母親の話を聞いていて、ショックと、心がボロボロで、声が出ない。母親に助けてもらいたかったが、景子に弱味を握られ、母親の前で演技までさせられ、僕の行き場所は、完全に無くなる。

それから何日かすると、景子の家に!僕の母親から!戸籍を抜きましたから!好きにして下さい。手紙がくる。それを見た景子は、父親に頼み僕は、性同一性障害と診断し!裁判所に書類を提出し、僕の戸籍と、性別を変更させられた。 そして僕は、景子の娘「養女」になった。

養女になってから、僕は、お姉様と景子を読んでいたが!景子から、お母様と呼ぶように言われている。

景子にかおる、お前は、この家に養女として来たんだ!性別も本来なら、性転換しないと、女の子になれないのを私の父親様が、色々と頼んでくれたおかげだ!感謝しろ。
これからは、たっぷり可愛がってやるからな! おぼえておけ! 返事は・・・かおる・・・ はいお母様!

いまでは、景子のおもちゃとして!生活してます。

投稿小説一覧に戻る

© 2003 - 2017 去勢の時間です!